読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tacamy.blog

JavaScriptを勉強中の人のブログです。

Node.js + Express を Heroku で動かすまでの手順まとめ

普通の JavaScriptjQuery もまともに書けないけど、はじめての Web アプリを Node.js でつくってみるという奮闘記。

環境つくるだけなのに何も分からなすぎてハマりすぎて、この一連の流れだけで丸 2 日潰れるという大惨事だったので、ちゃんとブログに残しておく。

Node.js のインストール

Node.js の INSTALL ボタンから、インストーラを使って入れることもできるけど、Node.js のバージョンを切り替えて使える方が便利だと思うので、前回のエントリを参考に nodebrew を使ってインストールするのがオススメ。

インストールが正しくできているか確認のため、Node.js のバージョンを表示。

$ node -v

npm のインストール

Node.js にはたくさんのモジュールパッケージが用意されていて、それらを簡単に導入できるのが npm という Node.js のパッケージ管理ツールです。

最近のバージョンの Node.js では、Node.js と一緒に npm もインストールされるようです。念のため、自分の Mac に npm がインストールされているかの確認のため、バージョンを表示。

$ npm -v

Express のインストール

Express は 動的なWebサイトをつくるための基本機能が揃ったフレームワークです。有名らしいのでこちらを使うことにしました。ただ、現在のバージョンは 3.1.0 なのですが、ブログで書かれている内容は 2.x 系の場合が多く、3.x 系でだいぶ変わったそうなので、本家のドキュメントを参考にするといいそうです。英語だけど・・。

Express はグローバル環境にインストールすると、express コマンドがターミナルで使えるようになるそうなので、下記のように実行してインストールします。-g はグローバルという意味です。

$ npm install -g express

終わったら念のため、バージョンを表示してインストールの成功を確認します。

$ express --version

プロジェクトをつくる

express コマンドを使うことで、プロジェクトを生成できます。例として「sample」プロジェクトをつくってみます。

まず、プロジェクトを生成したいディレクトリの一つ上まで移動します。

$ cd ~/works/project/

express コマンドとプロジェクト名を指定して実行します。

$ express sample

~/works/project/sample にフレームワークのファイルが一式展開される形でプロジェクトが生成され、ターミナルには次のように表示されます。

create : sample
--- 省略 ---
create : sample/views/index.jade

install dependencies:
  $ cd sample && npm install

run the app:
  $ node app

この「install dependencies:」に書いてあるコマンドを実行しないと、node app の実行がエラーとなりサーバを起動できません。私はここでハマりました。プロジェクトのディレクトリに移動して、モジュールをインストールします。

$ cd sample && npm install

モジュールがインストールできたら、以下のコマンドで Node.js を起動できるようになります。

$ node app

Express のデフォルトのポート番号は 3000 番なので、ブラウザで http://localhost:3000/ にアクセスしてみます。「Express - Welcome to Express」と表示されていればインストール成功です。Thank you!!!(Welcome to への返事)

ちなみに Node.js は、Ctrl + C で終了できます。

Heroku Toolbelt のインストール

Heroku Toolbelt をインストールすると、ターミナルで heroku コマンドが使えるようになります。インストールは簡単です。

  1. Heroku Toolbelt の「Heroku Toolbelt for Mac OS X」ボタンから、インストーラをダウンロードします。
  2. ダウンロードした「heroku-toolbelt.pkg」をダブルクリックしてインストールします。
  3. ~/.bashrc などの環境設定ファイルに、自動的に PATH が追加されます。もし追加されてなければ、次の一文を追加して PATH を通すと heroku コマンドがターミナルから使えるようになります。
export PATH="/usr/local/heroku/bin:$PATH"

ターミナルから Heroku にログイン

※あらかじめ、Heroku のサイトでユーザアカウントを登録(Sign Up)しておきます。

ターミナルから、Heroku の自分のアカウントにログインします。

$ heroku login

続けて、登録時の Email アドレスとパスワードを聞かれるので入力します。成功すると「Authentication successful.」と表示されます。

Heroku へデプロイ

cd でプロジェクトのディレクトリに移動して、下記のコマンドを実行します。「tacamy-sample」の部分は「http://tacamy-sample.herokuapp.com/」といった具合に URL の一部になります。指定なしで $ heroku create とした場合は、自動的に生成されたランダムな名前が割り当てられます。

$ heroku create tacamy-sample

完了すると、ターミナルにアプリの URL と Git のリポジトリ URL が表示されます。

http://tacamy-sample.herokuapp.com/ | git@heroku.com:tacamy-sample.git

確認のため、http://tacamy-sample.herokuapp.com/ にブラウザからアクセスし、「Heroku | Welcome to your new app!」と表示されれば成功です。Thank you!!!

Procfile をつくる

Procfile とは、Heroku で必要となる、アプリケーションの起動に関するファイルです。私はこれがないと Heroku での表示で「Web じゃないよ」みたいなエラーになりました。詳しいことは procfile · herokaijp/devcenter Wiki に書かれているようですが、私は理解できませんでした/(^o^)\

とりあえず動くようにするには、次の一文だけ書いて、ファイル名を「Procfile」とし、プロジェクト直下に置きます。

web: node app.js

.gitignore をつくる

プロジェクトのファイルは Git を使って Heroku に Push しますが、node_modules ディレクトリ以下は Heroku 上で展開する(?)ので、ローカルから Push する必要はありません。そのため、.gitignore ファイルをつくってその旨を指定します。

node_modules
.DS_Store

ついでに、.DS_Store もコミットされないようにしてみました。

package.json に追記

Express で生成された sample/package.json ファイルに、Heroku 用の記述を追加します。これを書かないと Heroku に Push したときにエラーになるので注意!(はい、ハマりました。)

Express で生成された状態では、"dependencies" の記述はありますが、"engines" の記述がありません。そのため下記のように、"dependencies" のあとに "engines" を追加して、Node.js と npm のバージョンを記述します。

--- 省略 ---
"dependencies": {
  "express": "3.1.0",
  "jade": "*"
},
"engines": {
  "node": "0.8.19",
  "npm":  "1.2.10"
}
--- 省略 ---

Git リポジトリの作成とコミット

  1. リポジトリつくって、
  2. ローカルのファイルを全部 Index に追加して、
  3. コメントつけてコミット

という、普通の Git の操作をします。

$ git init
$ git add .
$ git commit -m "initial commit"

SSH の鍵認証

ここ少しあやしいのですが・・。

まず、Heroku の公開鍵を確認します。

$ heroku keys

Heroku に登録した Email アドレスで、公開鍵が表示されれば大丈夫です。この鍵が、~/.ssh/id_rsa.pub の鍵と同じであることを確認し、下記のコマンドを実行して Heroku に公開鍵を登録します。

$ heroku keys:add ~/.ssh/id_rsa.pub

私の場合は、heroku keys で登録した Email アドレスでの鍵が表示されなかったので、Heroku と SSH 通信するための公開鍵をつくりました。

$ ssh-keygen -t rsa -C "xxxxx@gmail.com"

上記のコマンドを実行したところ、~/.ssh 以下に、id_rsa と id_rsa.pub ファイルが新たに作成され、$ heroku keys コマンドの結果にも表示されるようになり、晴れて Heroku に公開鍵を登録できました。このあたりの詳しいことは、下記エントリを参照しました。

Heroku へ Push

最初だけ、下記のコマンドを実行しないと、Push できずにエラーで怒られます。

$ git remote add heroku git@heroku.com:tacamy-sample.git

あとは普通に heroku master に Push します。

$ git push heroku master

Heroku で表示確認

Heroku 上のプロジェクトの URL にアクセスして、ローカルと同じものが見れてれば成功です。長い道のりおつかれさまでした!!!

http://tacamy-sample.herokuapp.com/

余談

この流れは、普通に新規でプロジェクトをつくる流れなのですが、私の場合は Facebook アプリをつくりたくて、Facebook にアプリ登録するときに Heroku を選択したらプロジェクトが Heroku に登録されてしまったのです。でも、ローカルにはまだ何もないし、Heroku と Facebook にはプロジェクトが存在するという状況で、この新規でつくる流れより混乱しました。その場合の方法は、また別のエントリで書くつもりです。

あと、Heroku 以外のところは、JavaScript徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus) が本当に役立ちました。これがなかったら未だにできてないと思います・・。ありがとうございます!!

参考サイト Thx♡