読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tacamy.blog

JavaScriptを勉強中の人のブログです。

JavaScript で日付のフォーマットを整形する

Movable Type で日付のフォーマットをいじりたいときには、% を使って簡単に設定できます。 例えば、「2013年03月14日 (月)」と表示したいときは、次のように指定します。

<$MTDate format="%Y年%m月%d日 (%a)"$>

詳しくは、日付に関するテンプレートタグのモディファイアリファレンス を参照。

その感覚で、JavaScript でも同じようなことできると思っていたら、そういうものは無いらしい。 なので、自分でフォーマットを整形したいときは、次のように指定します。

// 今日の日付で Date オブジェクトを作成
var now = new Date();

// 「年」「月」「日」「曜日」を Date オブジェクトから取り出してそれぞれに代入
var y = now.getFullYear();
var m = now.getMonth() + 1;
var d = now.getDate();
var w = now.getDay();

// 曜日の表記を文字列の配列で指定
var wNames = ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'];

// 「月」と「日」で1桁だったときに頭に 0 をつける
if (m < 10) {
  m = '0' + m;
}
if (d < 10) {
  d = '0' + d;
}

// フォーマットを整形してコンソールに出力
console.log(y + '年' + m + '月' + d + '日 (' + wNames[w] + ')');

コードの解説

「年」「月」「日」「曜日」を Date オブジェクトから取り出してそれぞれに代入

var y = now.getFullYear();
var m = now.getMonth() + 1;
var d = now.getDate();
var w = now.getDay();

date オブジェクトには、getFullYear() getMonth() getDate() getDay() というメソッドが用意されているので、取り出したらそれぞれ別の変数に格納しています。

なぜか getMonth() だけは、実際の月から -1 された数字が入るので、 +1 しています。

date オブジェクトのメソッドの詳細は Dateオブジェクト / JavaScriptリファレンス を参照しました。

曜日の表記を文字列の配列で指定

var wNames = ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'];

曜日を取り出す getDay() では、0 から 6 の数字が取得できます。 0 が日曜日、1 が月曜・・・6 が土曜日という対応になっているので、曜日をどのように表記するかかを文字列の配列で持っておきます。

「月」と「日」で1桁だったときに頭に 0 をつける

if (m < 10) {
  m = '0' + m;
}
if (d < 10) {
  d = '0' + d;
}

「3月」を「03月」と 0 詰めして表記したい場合は、自分で処理しなければなりません。 入っている値が 1 〜 9 の場合は、頭に '0' という文字を追加することで、自動的に型変換されて 3 という数値が '03' という文字列になります。

フォーマットを整形してコンソールに出力

console.log(y + '年' + m + '月' + d + '日 (' + wNames[w] + ')');

あとは、それぞれ処理済みの変数を、好きなように整形して表示させるだけです。

関数化する

同じサイトの中では、日付の表記は普通は統一させると思います。でも、日付を扱う場所で都度上記の処理を行うのは面倒なので、フォーマットを整形する部分を関数化して、どこからでも呼び出せるようにしておくと便利です。

// Date オブジェクトを作成
var now = new Date();

// dateFormat 関数の実行
console.log(dateFormat(now));

// dateFormat 関数の定義
function dateFormat(date) {
  var y = date.getFullYear();
  var m = date.getMonth() + 1;
  var d = date.getDate();
  var w = date.getDay();
  var wNames = ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'];

  if (m < 10) {
    m = '0' + m;
  }
  if (d < 10) {
    d = '0' + d;
  }

  // フォーマット整形済みの文字列を戻り値にする
  return y + '年' + m + '月' + d + '日 (' + wNames[w] + ')';
}

date オブジェクトを引数で渡して、整形済みの文字列を戻り値で受け取る関数にしてみました。

ゼロ埋めの方法を改善(2013-03-21 追記)

コメント欄で、ゼロパディング(ゼロ埋め)は .slice() メソッドを使えばできると教えてもらったので、dateFormat 関数を修正してみました。

// Date オブジェクトを作成
var now = new Date();

// dateFormat 関数の実行
console.log(dateFormat(now));

// dateFormat 関数の定義
function dateFormat(date) {
  var y = date.getFullYear();
  var m = date.getMonth() + 1;
  var d = date.getDate();
  var w = date.getDay();
  var wNames = ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'];

  m = ('0' + m).slice(-2);
  d = ('0' + d).slice(-2);

  // フォーマット整形済みの文字列を戻り値にする
  return y + '年' + m + '月' + d + '日 (' + wNames[w] + ')';
}

if が取れてスッキリしました。うれしい。GAVAScript さん、吉田さん、どうもありがとうございます。

ライブラリを使う(2013-03-21 追記)

自分で書かずにライブラリを使うのが便利らしいです。教えてくれてあざます!

参考サイト Thx ♡